肥後っ子大石家とは

 肥後っ子大石家とは、東京都八王子市小宮→神奈川県相模原市中央区鹿沼台1-1-1にて営業していた伝説のラーメン店。

 大石治師匠【写真右上】は、現在の佐賀県鹿島市でラーメン店を営んでいた祖父古賀一八(こがいっぱち)氏【写真中央】より、ラーメン作りを直に教わり

 麺は、熊本の荒木製麺所荒木光明社長【写真右】のもと製麺技術を習得。そのうえ更に約30年磨きをかけた他店とは比較にならない程のスーパークリーンな上級スープの豚骨ラーメンを提供しておりました。